[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

  • 2009-02-26│
  • Category:雑記

確定申告2009

こんばんは。

深夜の更新してみます。

この時期、検索で多いのも「ピアノ教室 確定申告」なんです。
税理士の人も、ピアノ教室の場合の確定申告は経費なんかで
「うーむ」という感じも多いので、難しいんですよね。
「確定申告について」の記事もよく読んでいただいている
記事でもあります。

先生を雇用していて、給料を払っているような大きな音楽教室なら
まだしも、個人教室となると、シンプルながら
ちゃんと計算してみると、黒字になってしまうという・・・。


2月も終わろうとしているのに、ほぼ申告に手をつけていない私。

しかし、ポイントは押さえてはあるのですよ。ポイントだけは(笑
領収書を月別に分けたことと、
それから大事な「減価償却費」の計算はもう終わってます。

去年、減価償却できそうなものを購入したので
久しぶりに支出項目が大きく出せそう!ということで
その辺の計算の方法を聞いてきたので、あとはもろもろを
計算するだけなのです。
するだけ・・・・。
するだけ・・・・。

そんなことで、今年から減価償却の計算の方法?が
若干変わったらしいのです。

まずは、平成19年4月1日以後に取得した減価償却資産が
あった場合、ちょっと計算方法が変わるようです。
(収支内訳書の書き方参照)

そして、詳しくはわからないのですが、
平成19年3月31日以前に取得した件が償却資産がある場合も
ちょっと変わりました。
例えば、楽器って耐用年数が5年です。
5年償却しちゃうと、それで終わりなわけで、税務上は
まったく数字として計上できませんでした。
でも一応、ピアノを持っている限り、未償却残高のところに
金額を書いて、「償却限度」と書いておくだけでした。
(すみません、償却限度って何かはよくわかんないです。。。)

今度はさらに5年、償却限度の金額から、「均等償却」として計上できるらしいのです。

この日本語があっているのか自信がないので、

収支内訳表によると

『取得価額の95%相当額に達した年分の翌年分以降後5年間に
おいて均等償却を行う場合は
 「{取得価額-取得価額×95%-1円}÷5}×ニ(収支内訳表のニのところ)」
の金額を記入します』


らしいです。なんのことやらさっぱり。。。ですが(笑

そのおかげで、数年前からもうないと思っていたピアノの減価償却費が
発生することになって、とってもありがたい数字になりました。

これは、もう計算してもらっているので安心です。

ところで、減価償却資産になるようなものって、クレジットを組んでとかの
支払いになったりしますよね。

このとき、月々の返済額は、もちろん支出には書けません。
減価償却するからです。
ただ、手数料については、えーと。。。支出だったか、資産だったか、、
すみません。ちょっと聞いておきます(汗
(追記:資産でした。でも、申告の種類によって
違うかもしれないです。あくまでも私の職業の場合です)


あと、例えば車を買ったなどで(仕事に使う場合に)計算する場合は
諸経費や、法定費用などは、買った年の支出に書きます。
損害保険料とか、租税公課とか、いろいろ。
だから、減価償却をするときはそういった経費を差し引いた
車両価格を書きましょうってことらしいです。
そして、事業割合によって按分します。

私は白色申告なので、まったくおおごとではないのですが
微妙に計算方法もマイナーチェンジしてるからちょっと面倒です。
しかも、一年前の計算方法とか忘れてるし。
よくもこんなんで申告やってるもんだと我ながら思ってしまいます(笑

はい、おばが会計の仕事をしているのでちょっと助かっているのでした(´ー`*)・:*:・
あ、でもちゃんと私1人でやってますよ。
この時期はおばも超多忙なので、聞けた年はラッキーなんですよね。
やった、ラッキー☆

さっと終わらせてぎりぎりに出そう。

スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

  • 2009-02-20│
  • Category:雑記

ヒミツのちからんど

明日夕方18:50~NHK教育「ヒミツのちからんど
という番組で、ピアノランドでおなじみの樹原涼子先生が
音楽経験なしの子供たちに、コードによる作曲を伝授する

「曲をつくるって楽C ( たのしい ) !」

が放送されます。

数少ないピアノの先生お友達の中でも、ピアノ講師になりたて
の頃から仲良くしてる姉のような存在のお友達から
去年、メールで教えてもらっていました。

小学生に作曲ってどう教えるんだろう?

ってすごく興味があって、友達からのその番組の詳細を
待ち望んでいたら、なんと今日!きましたヽ(*´∀`)ノ アリガトウ♪

再放送は2月28日。

私は、ビシっと録画完了です☆

今は、そのお友達は遠く離れたところに住んでいて
なかなか会えないけど、しょっちゅうメールでレッスンのこととか
愚痴とか(笑)、相談ごととかしている心強いおねいさんです。
このブログも、サイトを見せている唯一の同業者です(笑

今年は、会いにいきたいなぁ。
新幹線代、貯金します(´ー`*)・:*:・

Pagetop

[Edit]

  • 2009-02-20│
  • Category:雑記

コメントの質問のお答え

こんばんはです。

この前、秘密コメントをいただいていました。
「Mさん」(秘密コメントでしたのでイニシャルにしました)
どうもありがとうございます♪

お返事遅れてごめんなさい。
あまりコメントがないブログなものですから(汗
久々に管理画面からコメントチェックしたら秘密コメント
がいくつかありました・・・。ごめんなさい。・゚(´□`)゚・。

アドレスが書かれてなかったので
こちらでお返事させていただきますね。

それから、もしかして同じことを思っている方もいるかもしれないので
今日はそれについて私が日々思うことも書こうと思います。

○生徒さんの保護者の方から、どこの音大出身ですか?
  ということを聞かれることってないですか?

この心配って実は、私は当時とってもあったのですよ。
ですが、私の経験ではあからさまにそう聞かれたことってないんです。
でも、もし聞かれたら
「一般の大学を出ましたが、ヤマハのグレードを持っています」
と答えるつもりでいます。

「やっぱり先生は、たくさんお勉強されたんですよね」
っていう言い方をされますね。
もちろん、そのときも↑と同じように答えます。

先生の経歴を気になさる保護者の方もいらっしゃると思います。
生徒さんには当然、先生を選ぶ権利がありますから
もし音大を出ていない先生はちょっと・・・という方もいらっしゃるかも
しれませんから、聞かれたら、正直に言って、
入会のご判断は、保護者の方にゆだねるというのがいいと思います。

「あとで聞かれないだろうか・・・」の「あとで」っていうくらいの期間、
すでに生徒への指導実績があるから、その時レッスンに満足いただけているなら
たとえあとで聞かれても、そのことは大きな問題ではないのではないかと思います。

疑問を持たれて聞かれたとしたら、
(この先生、ちゃんと音大出てるんだろうか?)っていう、レッスンそのものへの
不満からくるものだと思います。
だから、しっかりとした計画のもとでのレッスンができる先生になることが
大事だと思います。

体験レッスンのときに、音大出身の先生が希望だったけど、
レッスンの進め方が上手だなぁ、子供がすごく楽しかったって
言ってる、よし、ここの教室にしよう!と思っていただけるかもしれません。

先生の力量もピアノ教室を選ぶポイントだと思いますが、
先生と生徒の「相性」という部分も意外に大きいと思います。

とりとめのない話かもしれませんが、
その先生にとって「出会うべくして出会った生徒」が集まると思うんです。

それは、先生の人柄も関係するし、最初に「こういうレッスンをします」
って明言して、どういった生徒さんが入会してくれるかというのもあります。

ちなみに私の今の先生は、音大出身ではないです。
3年習ってるけどこないだ雑談してて偶然、知りました。

ピアノを教えている私でさえ、あんまり出身大のことは気にしません。
それよりも

「私はこういうことができるようになりたいから、
それをちゃんと教えられる先生に教わりたい」

ということを優先に先生を探します。(なおかつ、怖くない先生・笑)

実際、私の先生は同じくらいの年齢なのに(たぶん)すっごいスキルがあって
普通にピアノの先生にも指導されています。

だからといって音大行かなくてもいいんだよ、
と思っているわけでは決してありません。
出てない分の努力はしないといけないです。

やっぱりできることならしかるべき教育は受けたほうがいいと思います。
その上で、満足してもらえるレッスンができる先生になる努力を
しないといけないです。

私の先生も、尋常でない努力はされたんだろうなと感じます。
だって、うまいですもん。なにもかも。


それから、

○どういうことに気をつけたり、どんな曲を弾いたらいいんでしょう?


将来がある若い世代の方でしたので、それこそ後悔のないように
音大にチャレンジするということも可能ですよね^^

もし今ピアノを習っていらっしゃったら今の先生に
自分の夢を話して相談してみて、今から具体的に対策を練るという
ことも必要だと思うし、
大事な将来のことだからご両親にも相談してみてほしいと思います。
ピアノの先生を指導できる先生につくことも大事かなぁと思います。
(私がそうだったので)

曲については、

短大、または大学を卒業する年齢までに
チェルニー50番~
バッハインヴェンション~平均律
ソナタ
(すごくシンプルですが、どなたかフォローがあればお願いします^^;)
くらいのレベルを弾ければ、余裕を持って教えられるのではないかなー
と思います。

気をつけることは、

音楽が好きであること。

教えることが好きなこと。

子供が好きなこと。

教える立場になっても「勉強しよう」という気持ちはとめないこと。

「子供に教える」ということに責任を持つこと。

みたいな感じかなぁ。
これは、「今」思うことであって、当時は下2つについては
あまり考えませんでしたね・・・。
やってみて、実感したことっていうか。


自分の実力のなさに気づくっていうことは
「もっと上を目指そう!」って自分が成長するチャンスと思います。

これはピアノに限らず、私もよく落ち込まないための考え方に
してるんですけど(笑
「ピンチはチャンスだ!」と。

これからいろいろ動いてみて、その経験から何を得て、何を感じるのかが
大事だと思うんです。
その経験は辛いこともあるかもしれないけど、でもなりたい夢のためなら
辛いと思わないかもしれない。

思うだけじゃなくて、想像してこうなれたらいいなぁ。わくわく♪
って感じれたら、何か見えてくるんではないかと思います。

若い方にもサイトを見ていただいていてすごくうれしいです☆
もしまた何かあれば、またコメントください。
ご自分のメールアドレスを載せるときは秘密コメントにしてくださいね。
お返事します^^
Mさん見ててくれるといいなー。


そういえば今日たまたま、自分の生徒に進路相談されたんですよ。
(経過とセリフはかなり曖昧にしときます)

「せんせー。なんか自分がおちたーって状況に慣れちゃったー。
 どうしよー」

って。

「思い立ったときが変われるときだから、プライドを持ってもう一回
 上がりなよー。そんな状況に慣れたらだめだ(笑)」


その子は、夢は捨ててないんですよ。
でも、頭打ちな感触を持っているようで、悩んでたなぁ。

何かを叶えることって「これとこれをやると叶います」っていう道が
最初からあるならいいんですけどね。
でも、そういうものではないじゃないですか。
道は自分で作っていかないといけない。

目の前に道がないから人は悩むんであって。

大人になってだいぶたつ私でも、道を探したり作ったりするのって
大変だもんなぁ。

でも、うまく言えないけど、ほんとになりたいもの、やりたいことって
そのときはわからなくても自分の心の中に絶対あって、
それを信じられる自分でいられる人が
「道を作れる人」だと、最近思うわけです。

なんか時間が時間だけに何かいてるかわかんなくなってきちゃった(笑


では、おやすみなさい。。。


Pagetop

[Edit]

  • 2009-02-17│
  • Category:雑記

レッスンカリキュラムの変更お知らせとか

私は過去、レッスン回数を変更したこと1回、
お月謝を上げたこと1回(ものすごく安くしてしまったので
あとは、その後入会の生徒さんに対してのごあんないに
マイナーチェンジしたものと、レッスン規約をお渡ししてきました。

今回は、自分の中では大々的にっていうか、
考え始めたら勝手に大きくしてしまっているという感じだけど
今年に入ってから、どうしよう、こうしよう、生徒さんはわかって
くれるだろうか、わかってもらうためにはどうしたらいいか、なんて
考えていたら、こないだまで胃を痛めてしまってました。

ほんとに、気が小さいったら・・・。・゚(´□`)゚・。

年度初めの4月から、新しい方針でレッスン開始!とすると、
どの時点でお知らせするべきかって考えたら、
いきなり3月の頭に、来月からはこうです!ってなるのは
唐突すぎるかな、と思った。

そっか。今月中に、リニューアルの方向であること、お月謝も
変更になる可能性があること、そして現在のレッスンについて
こういう風にしているけど、こういうふうにしたいっていうことを
お便りに書くことにしました。

それを踏まえて、3月の頭に新しいレッスンコースの概要などを渡す。

そして4月から新たな気分でスタート!だといいかな。
と勝手に考えています。


確定申告もあるので、ちょっと週末にわからないところを聞く機会が
できたから、今週中にある程度すませておかないといけないし、
来週は来週で、お休みにゆっくりPCに向かっていられないな
と気づいて、慌てておたより&レッスンコースの概要を作ってました。

あとは、同じタイミングでレッスン規約も作ろうと思います。

去年、私が通っている教室から、「基本会則」という冊子をもらったのですよ。
これはレッスン規約を作るうえで役に立つなと思いました。

B5くらいを二つ折りにした冊子です。表紙、見開き2ページ、そして裏表紙にも
会則が続いているという、ぬかりのない(笑)内容になっています。
なるほど、二つ折りにしただけでずいぶんと見ようかなと思うもんだなと
思いました。紙もちょっと厚めの用紙です。

内容は、たくさん書いてあります(笑

大きく「入会」、「レッスン料、入会金」、「レッスン受講」、「安全で快適な
レッスンを受講いただくために」、「各種手続き」、「変更諸手続き」
「個人情報保護」、「その他」と分かれていて、それぞれに詳しく項目が
書かれています。

災害、悪天候のときのレッスンについてとか、レッスンを録音、撮影は禁止とか
ストーカー行為にいたるまで(!)書いてますよ。


規約だけじゃなくて、レッスンのご案内もこういう冊子タイプにしたら・・・。

と今思いつきました。

と思いついたので、突然深夜の更新をしました(笑


おやすみなさい・・・ミ(o_ _)o





Pagetop

[Edit]

  • 2009-02-12│
  • Category:雑記

3年目突入といろいろ。

さっき、メールチェックしたら、サーバー代の更新があと2日にせまってる
と知ってあわてて更新しました。
あぶない。
こないだドメインの更新をしたので安心しきってました。
ドメインっていうのは、URLのアドレスを好きなので選べるんですよ。
ほんとは、「.com」とかよかったんですけど、使えなくって。
こういうのは人気なのでちょっぴり高いんですけどね。
そんな話はどうでもよいですね(笑

おかげさまで、本サイト「Piano Life ~ピアノ教室を開こう~」も
3年目を迎えました゚+。:.゚o(´□`o)゚.:。+゚

ほんとうにありがとうございます。

去年より少しは完成に近づきつつありますが、やっぱり早く作って
おきたいのは「ピアノテキストカタログ」ですねぇ。。。
いざ作るとなると、けっこう考えてしまうんですよね。
使ったことないテキストも相当あるし、
どういう感じのページにしようとか思うとついつい後回しに
なってしまってます。

やっぱり2年経つとそれだけ、自分の考えとか、方針とかも
微妙に変わっているところもあるので、
既にできあがっているページについても、加筆・修正するところも
あると思います。


それから、こちらブログの方でもweb拍手をいただいてありがとう
ございます。
ヤマハ演奏グレード5級
確定申告について
の記事は、20拍手超えているじゃないですか!

グレードに関してはサイトのコンテンツ「ヤマハグレード対策セミナー
で書いていますが、どのくらい需要があるんだろうか?と思っています(笑

でも拍手が多くいただいているということは、多少はお役に立てて
いるのでしょうか^^

どうぞ、遠慮なくコメントいただければと思います♪

自分の教室のHPはないけど(私もないですが)
ブログからやってみようかな、という方、ぜひぜひやりましょう☆
そしてお友達になってください(笑

私、ブログ歴としては、実はかれこれ4年ぐらいになるのですが
前よりもずーーっと管理画面がわかりやすくなりました。
最初は、ほんとに1記事あげるのも意味がわかんなくて
深夜までかかったなー。

ここ、FC2はいいですよ。
livedoor、so-netにもそれぞれブログスペース持ってるんですが
(持ってるだけです。いったい何に使うんだ・笑)
結局、こっちに戻ってきてしまいます。
テンプレがたくさんあるのがなんと言っても魅力です。
そして、間違えて書いた文章を消しちゃっても、書いてる最中に
保存しててくれるから、
「せっかく書いたのに、全部消してしまったー。がーん」
っていう大惨事はなくなりました。

始めてみませんか☆

↓登録はこちら♪




ちなみに、so-netブログは、mp3ファイルの一回にupできる容量が
大きいので曲をupするには非常によいサーバーです。

ここもMP3は一応OKですが、現実的にはまったく使えません。
MIDIなら大丈夫です。


そして、確定申告。またこの季節がやってきました。
私は、まだ何にもしてません・・・。


今日は、今通ってるレッスンの宿題をずーーーーーっとやっていました。
こないだの日曜と、今日と、休日返上だったなぁ。

よくがんばった自分。


とういうことで、これからもよろしくお願いします☆


+marble+




★可愛いレンタルサーバーLOLIPOP!









Pagetop

[Edit]

  • 2009-02-06│
  • Category:雑記

レパートリー

ピアノの先生って何でも弾ける!というイメージがあります(と思います)

が、「何か弾いてください」って言われてすぐ弾ける曲って
どのくらいありますか?
私は、そんなにないです・・・。

いつも思うんですけど、何かって言われて「これは弾ける」
っていう曲を何曲か持っておかないといけないなって思うんです。

「エリーゼのために」「トルコ行進曲」「子犬のワルツ」
あたりの誰でも知っている曲はいつも弾けるようにしておきたいですよね。

どんなにかっこいい曲でも、マニアックすぎて受けがイマイチ
ってこともあるわけで^^;

あと何の曲弾けておきたいかなぁ。
「トロイメライ」とか??

ある先生は、ショパンの「幻想即興曲」を指練習代わりに弾いてる
と言っていたし、
ベートーヴェンの「悲愴」の一楽章を目の前で弾いて見せると、
生徒の先生を見る目が変わると言い切った先生もいらっしゃいました。

クラシックは、いつも練習しておけばレパートリーになりますよね。
誰でも知っている曲っていうのは押えたいところです。

あと、これも弾けておいておきたいよねっていうのが
あれば教えてください~ヽ(*´∀`)ノ


で、もう一つ思うのは、いわゆる「童謡」だったり、
ディズニーや、ジブリなどの、子供がときめく曲を
その場でピアニスティックな感じで弾けるだろうか?ということです。

楽譜を見ればたいがいは何でも弾けるわけなんですが、
楽譜も何もない状態から両手でいい感じに弾けます???

即興で、素敵なハーモニーをつけて弾くっていうことに
すごく憧れがあったんですよ、私。
ピアノの先生ってみんなそんな風に弾くことができるんだって
思っていました。そんな先生になりたいと。

だけど、先生になってみてわかりましたが、
これは演奏力だけつければできるようになるわけじゃなくって、
それなりの知識と鍛錬が別に必要なんですね。

となりのトトロとか、ありきたりな伴奏しかつけられないと
なんだか自分が情けなくなってきたりします。。。
ⅠかⅣかⅤ7しかつけられないって悲しい。。と。

例えば、「きらきら星」ってありますよね。
普通は、Ⅰ、Ⅳ、Ⅴ7だけでことたりるわけなんですが
それじゃちょっと味気ない。音楽としてもどうやったって広がらない。

そこからピアノの先生らしく、「ちょっと素敵ばーじょんキラキラ星」に
したいなってなったら、どう弾けば素敵になるか。


例えばハ長調として、最初の

「ドードーソーソーラーラーソー ファーファーミーミーレーレードー♪」

のところってコードつけると

| C       | F    C  | F      C      |  G7    C     |


シンプルにまぁこうかなって思うんですが、一回目はこんな感じに
オーソドックスに弾いたあと、2コーラス目には同じところを

| C  Em7 | FM7  Em7 | Dm7  E7 Am7 F#m♭5 |Dm7 G7 Csus4 C|


なーんて代理和音満載で弾くと、すごくキラキラしたサウンドになり
子供たちもきっと胸ときめくと思います。まさに

「おぉぉぉ☆」

ってなると思うんです。私がそうだから(笑
バイエルで育った私なんて、こんな風なハーモニーだと、間違いなく
ハートを打ち抜かれてしまいます(笑

その場でそういうことができるようになるには、やっぱり
ある程度のトレーニングは必要だと思うので、
とりあえずCだったらこう、Gだったらこう、っていう風に
いつもやっておこうかなぁって思いました。

そんなわけで、今日はレッスンの合間に「崖の上のポニョ」をコードづけしてました。
楽譜は持ってるんですよ。でも、「ポニョ弾いて~」って言われたときに
うまいぐあいにちょうど楽譜を持っているとは限らない(笑

自宅であっても、これがこれから生徒に弾かせようと思って、
その楽譜をみてお手本の演奏っていう場面だったら別ですが、
「ちょっと楽譜出すから待っててね」なんていうのも
イマイチかっこわるい。

で、自力でコードづけして、どのコードを使おうっていう意図が
働くようにできる自分になろうと思い立ちました。

まず、オーソドックスなコードをつけて、
トニック、ドミナント、サブドミナントの所在を明らかにしてから
そこに代理の和音とかツーファイブとか入れてアレンジしてみる。

すると、自分の勉強にもなるんですよね。コード進行の勉強にも
すごくなるなる。一石二鳥!こういうことの繰り返しで
即興が強くなっていくのかなぁと思って、
こんなことをこっそりしてました。

ジブリと、ディズニーのメジャーなところは制覇しておこうと思います。
あと、アンパンマンとかも意外に・・・。

こんな風に、クラシック数曲と、即興でこんな素敵に弾けます的な曲を数曲
をレパートリーとして持ってると、
生徒さんの前で、もしくは体験レッスンに来てくれたお母さまの前で、
弾いてお聴かせすることができたら、
ピアノを習うこと、習わせるということに
夢を持っていただけるのではないかなーなんて思ったのでした。


レパートリーっていつも弾いていないと忘れてしまいます。
あんぷしてても。。
クリスマス会に弾いた、ジャズパージョンジングルベルも忘れて
しまった(汗


指導法もちゃんと勉強しないといけない、さらに弾けていないと
いけない、ピアノの先生とは大変で奥深いお仕事ですね。


音楽ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽教室・音楽学習

Pagetop

[Edit]

  • 2009-02-02│
  • Category:雑記

レッスン規約とかレッスンコースを改訂する

去年の末あたりから、何年かぶりにこんな風に思い始めています。

ほんとに何年ぶりだろうか。
一度、大きく改変したときは、もしそれで退会されることが
あっても、しょうがない、その時はその事実を受け入れようと
相当な一代決心したものです。

ところがありがたいことに、誰一人やめることなく継続して
くださったんです。
この改変のおかげで今までやってこれたといっても過言じゃないから、
生徒のみなさんには本当に感謝しています。

今回は、ちょっと良心的な設定にしていたお月謝を私の地域の
相場くらいにしたいな・・・と思ったのです。
ですが、お月謝だけ上がって今までと同じレッスンでは気が引けます。

それで、去年くらいから一部の生徒にちょこちょこ採用していた
別メニューを全員に追加する、ということを明言して
レッスンの充実をめざそうと思っています。
レッスン規約はそれなりに作ってお伝えしてあるけど、
レッスン体系については、そうでもなかったなと思いました。
これを機に、レッスン体系についても細かく設定してみようと
思います。

例えば、グレードを受けるかどうかは本人の判断として
即興のレッスンは必須にするとか、
導入期のレッスンは、必ずこのメニューを取り入れるとかという
ことも明記することにしました。

今までは、「ああしよう、こうしよう」自分の中で考えてその都度
いろいろ取り入れてきたけど、
それだと、自分だけがわかっているっていうだけなんですよね。
それなりに濃いレッスンをしていても、伝えてないといけないなぁ
と思いました。

考えているうちに、何がなにやらわからなくなってきたので(頭痛
とりあえず紙に書いてみました。

そしたら、少し全体像が見えてきました。ほっ。

・レギュラーコース(年42回レッスン。従来どおり)
・月3回コース(言ってないけど、採用してます)
・1レッスンコース(言ってないけど、採用してます)
・月2回コース(新しく設定)
・大人のピアノコース(新しく設定ですが、一部やってます)
(一曲だけコースも検討中)
・ポピュラーコース(いずれ新設したいですが、すでに一部実施中)

こう書いていると、改めて言ってはいないものの、けっこう
フレキシブルなレッスンをしているという・・・。
やっぱりちゃんと体系化してお伝えしないと。

そう。一番頭の中がまとまっていないのは自分だったり(汗

特に、新設予定の「大人のピアノコース」は、
春までに教材となるテキストをピックアップして
ご希望があったときにすぐに対応できるようにしておきたいです。
一曲だけコースなんかも、よさそうな曲をストックしておこう。

あとは、グレード関係のレッスンの時間確保に努めるって
ことかなぁ。

今日は、混乱中の頭の中を整理するためのメモとして
書いてみました。
体系化してる最中というのもなかなかお目にかかれないので
参考になれば(な、なるのかしら?)、、。
っていうか、こんな感じでいいのかなぁ。

決定権は自分にあるから、こういう教室の柱になるものを
考えるときは、ほんとに慎重になるし、責任も感じますよね。
「それ、いいと思うよ!」って背中押してもらいたくなりません?

でも、書いてみたら悩んでいたことも、ちょっと前進した気分です。

今年は、生徒募集もしてみようかな☆



音楽ブログランキングへ

Pagetop


本サイトはこちらです☆

☆Piano Life~ピアノ教室を開こう~

marble

Author:marble
プロフィール

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

☆リンクしていただけるブロガーさん募集中です☆

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

twitter

フォローお待ちしています。

Amazonで今すぐ検索

欲しい楽譜・CDはこちらで☆

最近のトラックバック

ご訪問ありがとう

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。