• 201701 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 
  • » 201703

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

父のこと

ブログお休みしていてすみません。

今月始め、私の父が亡くなりました。

病院から退院し、今月から自宅介護の生活が始まることになっていて
父の介護を家族で協力してやるために、
ブログ更新を一週分、メルマガは今月の分をまとめて
予約投稿してありました。

その間に父が急変し、息を引き取りました。
去年からガンで闘病していました。まだ60代で逝ってしまいました。

こんなにもあっという間に人の命を奪ってしまうガンという病気の恐ろしさ
に私たち家族は打ちのめされました。

一年前は、大きな病気もしたことないすごく元気な父で
自分たちには関係ないと根拠なく思っていた病名の宣告のときの
衝撃は今でも昨日のことのように覚えています。

父も家族も最期まで生きるつもりで頑張っていました。
家族も余命を宣告されても、生きる道があるはずだと思って
治療していました。

そんな父が、亡くなる数日前に、父の胸の内や、家族への思いを
うわ言のように語り始めました。

父の悔しさ、ガンに勝てなかった悔しさ。
ただまじめに家族を守るために生きてきたのに。
これしか生きられなかった。

私には、ピアノ教室をここまでよく頑張ってきたなぁ、
子供に文化を伝えて行くことは大変なことだ、よく1人で
やってきたなぁと言ってくれました。

私は涙が止まらなくなり、隣で聞いていた母も泣いていました。
たくさんたくさん、家族への思いをいつまでも話していました。

その後、退院して自宅療養となりましたが、
普通に会話はできていたものの、痛みがひどくなっていましたが
それでも一生懸命生きようと毎日頑張っていました。

これしか生きられなかったって言ってた父だけど
治そうという姿勢は最期まで崩しませんでした。
弱音も一切言いませんでした。

私は、生徒へのレッスン、私が通っているレッスン、
バンド活動、ブログ、メルマガなど、辛い時もありましたが
続けていました。
それは、なるべく普段通りにしていたかったのと、父があんなに
頑張っているんだから、私も頑張らなくてはという覚悟で
やっていました。

今私がこうしてピアノ教室をやれたのも、父の理解があった
からこそです。
レッスン室を作ってくれたり、私が気が回らないようなレッスン室の
設備など、生徒さんのためにいろいろ作ってくれたのも父です。
何よりこういう生き方を選択した私のことを認めてくれました。

父の棺には、父が今まで見てきた風景を写真に撮って入れて
あげようということになり、兄がレッスン室の写真も撮ってきてくれました。

まだ父にこれからは空から見守ってね、という気持ちにまで整理は
ついていません。
親を亡くすことが、こんなに辛いことだったなんて知りませんでした。

いろんな方から励ましをいただき、頑張らなきゃと思いますが
でもまだ死んでほしくなかった、病気を治してあげたかった
という思いが強いです。

先週から仕事復帰しました。
生徒さんから、お悔やみをいただいたり、一緒に泣いてくださったり
まだ完全復帰にはなっていませんが、今日からは仕事と割り切って
レッスンの間はしっかり勤めたいと思います。

ブログの更新も復帰しますが、当分はメルマガを週一で配信してい
くつもりなので、そちらで記事の方を読んでいただければ
と思います。

メルマガの登録はこちら

お休みしていた間、読者登録してくださった方にも
改めて読者登録に伺いますのでよろしくお願いします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

1 ■ご冥福をお祈りいたします。
ブログを読ませていただきながら、涙が出てきました。

お父さんの気持ち、ご家族の気持ち…みんなひとつになって、大きな深い悲しみとなって…涙の枯れる日は、まだまだ先のこととは思いますが、
先生はお仕事や生徒さんが待っているので、がんばってください。

私も、父が64歳の時亡くなりました。
父親っ子だったので、喪失感からなかなか立ち直ることできませんでした。
でも、家族や仕事に支えられて、そして何より
父への感謝の気持ちで、日々過ごしています。

  • 2011-02-28│16:21 |
  • クリミー URL
  • [edit]
2 ■お悔やみ申し上げます。
私も、自分の父とだぶり、涙が止まりません。

私の父も、3年前、進行の速いスキルス癌だと言われ手術をしました。胃を全摘出し、手術は成功しましたが、胃をとったことで、食事も思うようにとれず、今も調子が良いとは言えません。再発するのではという恐怖も、まだ続いています。

ある日突然、父が癌だと告げられた日のことは、私も今でも覚えています。

目の前の世界が、一瞬にして暗闇になり、普通に生活している周りの人すべてが幸せそうに見え、自分たちだけが違う世界に立っているように思えました。

何をしていても、父の死を考えてしまい、涙ばかりの毎日でしたが、そんな時に心を癒してくれたのはピアノだったように思います。

marbleさんご家族の悲しみが癒えるまで、長い年月がかかると思いますが、ピアノが少しでもmarbleさんご家族の支えになればと願っています。

レッスン、頑張ってくださいね。応援しています!
3 ■素敵なお父様。。
marbIe先生。。

しばらく、訪問させていただくのを控えさせておりました。。
素敵。。などと言う言葉は今は不適切だと承知しておりますが、

本当に、こんなおとうさんがいたら、私は幸せだろうな。。と素直に思います。

先生と同じように優しくて、温かくて、そして何よりご家族を大切にされてきた方なのでしょうね。。

だから、先生とご家族もお父様のことを、大切にできる。。

残されたほうが、つらいのかもしれません。 色々な想いが募りますから。。

でも、きっとお父様は今までと同じように、先生のことをもっともっと応援しながら見守ってくださっていると思います。

世界一、大切で大事な娘のために。。

そして陰ながらmarbIe先生を見守っているファンもたくさんいます。 。

ゆっくりと。。元気になってください。
  • 2011-02-28│21:47 |
  • KAO URL
  • [edit]
4 ■無題
お父様にとって、先生の頑張っておられる姿は何よりも心の支えでらしたことでしょう。

頑張っておられるところをお父様に見せて差し上げられたことはmarble先生がお父様にして差し上げた最大の親孝行ですね。

そして、哀しみから立ち直ろうとお仕事に復帰され、努力してらっしゃる姿もきっとお父様は誇りに思われていることでしょう。

先生、くれぐれも、頑張りすぎないで下さい。

私にできることは何もないかもしれないけれど、

哀しみ、辛さをシェアすること、させてくださいね。
  • 2011-02-28│22:27 |
  • 芦屋でピアノ&リトミックのお教室 URL
  • [edit]
5 ■ご冥福をお祈りします
親をなくすことがこんなにつらいことなんて知りませんでしたの言葉にずっしり重みと悲しみを感じ涙が出ました。

考えるきっかけを下さって、記事にしてくださってありがとうございます。

音楽がmarble先生の支えとなりますように。
6 ■>クリミーさん
はじめまして。コメントありがとうございます。

クリミーさんが書いてくださったこと
とても暖かく心にしみました。
まだ喪失感がいっぱいですが、クリミーさんのように
私も自分を支えてくれる存在の大事さに
少しずつ気づいていくんでしょうね。

そして、私も父には感謝の気持ちでいっぱいです。


  • 2011-02-28│23:43 |
  • 音楽教室の始め方教えます:marble URL
  • [edit]
7 ■>えりさん
ありがとうございます。

「なんで私たちだけ。。。」って私も思いました。
それは父が一番思っていたことだった
と思います。

えりさんのお父様も闘ってこられたのですね。
私の父も胃にもガンがあって、1/3切除
しました。
2/3胃が残っていても、食事の摂り方がらっと
変わり、痩せました。
食事が辛いですよね、すごくわかります。
どうかお父様お大事にしてくださいね。

ピアノが癒しとなる日が早くくればいいなと
思います。




  • 2011-02-28│23:48 |
  • 音楽教室の始め方教えます:marble URL
  • [edit]
8 ■>KAOさん
ご心配おかけしていてすみませんでした。

暖かい言葉に涙が出ました。
そうですね、この世に生き続ける限り
遺された私たちは乗り越えるものがこれから
たくさんあるような気がします。

父は口数は少なかったけれど、私たち家族は
父に守られていたんだなとつくづく感じます。
本当に素敵な父でした。

また元気を取り戻せることを自分のことも
信じようと思います。

ありがとうございます。

  • 2011-02-28│23:53 |
  • 音楽教室の始め方教えます:marble URL
  • [edit]
9 ■>芦屋でピアノ&リトミックのお教室さん
優しい言葉、ありがとうございます。

もっと違う形で親孝行したかったけれど、
今の私にできることと言えば、やっぱり仕事で
頑張ることでした。
いつも見ていてくれましたから。。

これからも父の誇りと思ってもらえるように
少しずつ成長した姿を見せていければと
思っています。

気にかけてくださって本当にありがとう
ございました。

  • 2011-02-28│23:57 |
  • 音楽教室の始め方教えます:marble URL
  • [edit]
10 ■>yukaさん
ありがとうございます。

そうなんです。私はまだ人の痛みというのを
わかっていなかった、そんな思いでいます。

親を亡くすっていつかは経験するとわかっていても
心のどこかでそんなことはないって
思っているものなんですね。親って絶対的な
存在なんだと、今それを喪失感とともに
思い知っています。

音楽があったおかげで、こうしてみなさんとの
交流ができることに感謝しています。
ありがとうございます。



  • 2011-03-01│00:01 |
  • 音楽教室の始め方教えます:marble URL
  • [edit]
11 ■お悔やみを申し上げます。
お父上様のご冥福を心よりお祈りいたします。
メールのコメントで軽々しく申し訳ありません。

お心が癒される日が来ますように・・

コメントの返信は無用です。お気遣いなされませんように・・
12 ■お悔やみ申し上げます。
先生のお気持ちを考えると、
どう書き込みしていいのかわかりませんでしたが、応援しているひとりとして、気持ちがお伝えできれば、と思って書かせていただきました。

先生の記事を拝見して
今のあたりまえのように過ごしている生活を
大事にしていこうと思っています。



  • 2011-03-01│11:53 |
  • 夢を育て応援する☆Atsuko☆ピアノ教室  URL
  • [edit]
13 ■>pianonさん
こんばんは。

ご丁寧にありがとうございます。
また元気になって、強くなれるように
なりたいです。

レスの件もお気遣いありがとうございました。

  • 2011-03-01│23:28 |
  • 音楽教室の始め方教えます:marble URL
  • [edit]
14 ■>夢を育て応援する☆Atsuko☆ピアノ教室 さん
コメントありがとうございます。

先生の優しいお気持ち、すごく伝わってきました。

私も、今生かされていることが幸せなんだという
ことを感じていける毎日にしなければと
思っています。

  • 2011-03-01│23:31 |
  • 音楽教室の始め方教えます:marble URL
  • [edit]
15 ■お悔み申し上げます
泣きたい時は、自分の感情を抑えずに思いっきり涙を流して下さいね。音楽が支えになりますように。
私も親が生きている間に親孝行をしないとならないっと言う事を教えられた感じがします。
  • 2011-03-02│15:11 |
  • みい太太 URL
  • [edit]
16 ■>みい太太さん
お久しぶりです。コメントありがとうございました。

はい。思いっきり涙を流して少しずつ元気になって
いきたいです。

いつかは親はいなくなってしまうとわかって
いても、現実にそれを直面するまでは、
親孝行というより甘えてばっかりだったなぁって思います。
親孝行私もこれからでもしたいと思います。
  • 2011-03-02│22:50 |
  • 音楽教室の始め方教えます:marble URL
  • [edit]

Post a comment

Secret

Pagetop


本サイトはこちらです☆

☆Piano Life~ピアノ教室を開こう~

marble

Author:marble
プロフィール

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

☆リンクしていただけるブロガーさん募集中です☆

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

twitter

フォローお待ちしています。

Amazonで今すぐ検索

欲しい楽譜・CDはこちらで☆

最近のトラックバック

ご訪問ありがとう

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。