• 200801 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 200802

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

  • 2008-10-19│
  • Category:雑記

伴奏くんⅡ(追記しまくり)

10月に、たぶん10年ぶりくらいにヤマハから「伴奏くん」が新しく発売されました。

伴奏くんとは、ミュージックプレーヤのことです。
「MIDIデータ」を再生してくれるもので、オーケストラとアンサンブル
できてしまうという、レッスンに広がりを与えてくれるツールです。

「楽譜にCD付きっていうのがあるけど、あれと何が違うの?」

という疑問にお答えします。

「MIDI」って聞いただけで拒否反応を起こすかも人もいるかもしれませんが、
音楽に携わる人なら、知ってないといけない言葉、くらいに思いましょう。
「フォルテ」とか「アンダンテ」とかの言葉と同じように思えば
なんてことはないです^^

まずは、MIDIについて拒否反応をやわらげるためにも、ものすごく適当に、雰囲気で
説明したいと思います(笑

MIDIデータと音声データ(CDの音楽)との違いをすごく簡単に説明すると、

MIDIデータは、音そのものではなくて、情報です。
鍵盤(とか、弦とか、ドラムなどなど)をどのタイミングで、どのくらいの強さ、
音色はこれ、音の長さはこのくらい、という情報の羅列したデータで、
電子機器の世界でいう楽譜みたいなものです。
いわゆる「インターフェイス」といいます。
音楽のデータではなくて、こういうふうに音を鳴らしてほしいから
その情報を音源(楽器)に転送しますよ~っていう
ファイルなんです。

だから、その情報を「音」として出すには、音源(楽器たち)
が必要で、音源を通して初めてその情報が音として鳴るのです。

当然、再生環境(音源の種類)によって同じ音楽でも印象が違って聞こえたりもするし、
(音源によっては、違う楽器で鳴ったり、ピアノでも種類の違うピアノだったり)
その情報自体を変更できたりもできます。

一方CDの音は、音楽データです。
楽器やボーカルの声やサンプリングの「音そのもの」を録音したデータなので、
どんなプレーヤでも同じ質で再生されますが
再生のみで、テンポを変えたり、調を変えたりなんていう拡張性は
当然ながらありません。

話がちょっと外れちゃいますが、例えば、PCで音楽を作るときには
まずはMIDIデータで作ることが多いです。
この状態でミスタッチを直したり、(なんて便利!)音の強さを変えたり、
リバーブをかけたりなどの編集をします。 
最後にそれを音楽ファイル(WAVとか)に変換します。
音楽データに変換しちゃったら当然MIDIファイルではなくなり、変更はききません。
こんな違いがあるのです。

レッスンで使うには、テンポを変えたり、あるパートをカットできたり(マイナスワン)、
調を変えたりできるMIDIデータの方が役に立つというわけです。
そう、伴奏くんは、MIDIを再生するプレーヤなので、音源(楽器)も当然入っている
というわけです。ピアノのピッチに合わせられるように、チューニングもできます。

今は、例えば、バーナム、ブルグミュラー、ピアノランド、ハノン、チェルニー、
バッハインベンション、その他たくさん、ピアノレッスンには欠かせない
テキストにMIDIデータが別に販売されています。

以前の記事に書いた、ミッキーの教材をCDじゃなくて、フロッピーで
売ってほしい言ったのはこのためでした。


伴奏くんに話を戻して・・・。

これまでの伴奏くんは(MDP-10)メディアがフロッピーのみの対応でした。
このたび発売された、伴奏くんⅡ(MDP-30)は、
フロッピードライブはなくなり、USB対応になりました。
まぁ今時フロッピーって・・・って・・・やっとUSBにしてくれたって感じですが、
それでも、フロッピードライブも別に買って接続すれば
今まで使っていたフロッピーもそのまま使えます。
推奨のを買う必要はないと思います。家電屋さんで
2,000~3,000円くらいで売ってるらしいので。

または、USBメモリにデータを入れて再生という方法ですね。
今までのフロッピーデータをPC上でUSBメモリに移行してしまえばOK。
コピーガードがかかっていなければですが。
すると、大量にフロッピーディスクを持ち歩くこともなければ
フロッピー破損でデータが壊れる心配もなくなります。
MIDIデータを買ってUSBフラッシュメモリに入れちゃえば便利です。

もちろん、音楽制作ソフトを持っていれば、自分で作ったMIDIデータを
伴奏くんで再生できたりも可能です。
先生が生徒のために、伴奏を作ってあげる・・なんて素敵ですよね♪


私、実際に見てきたんですが、小さくなって、すごく軽い!!
色は前と同じグリーンが基調で、ちょっとメタリックな感じ。
私は、普通に黒でいいよなぁって思います(笑

操作方法はいたって簡単です。
ピアノパート(右、左)、リズム、その他二つの計5パートをキャンセル
可能。リピート箇所を設定しての再生、テンポ、移調、メトロノーム機能、
チューニング機能、このへんは前と一緒です。

リモコンもついて便利性が増しました。
液晶画面になって、操作性はいいんじゃないでしょうか。
よく使う曲を本体に保存しておくことができるようになったそうです。
そして、音源が増えたことと、スピーカーがよくなったこと、
それから、リズムがプリセットで22種類入ってるらしく、
(これはあとから知ったので実際には聴いてません)
これは、すごくいいんじゃないかな!!

詳しくは・・こちらで
伴奏くんⅡを見てみる


世の中データ対応の楽譜ばかりじゃないので、
この曲にちょっとリズムだけでもあるといいなっていうときがあります。
たとえばハノンなんか弾くときにいいと思いますね。
退屈な感じが減ると思います。

リズムデータを作ればいいんでしょうけど、それもなかなかの手間です。
そういうときに、リズムパターンがあらかじめあれば、
これに合わせて弾いてもらうことができて、
ビートに乗る練習ができます。これはすごくいいと思う。2回言っちゃいますが。


伴奏くんが新しくなるらしいということは、半年くらい前から小耳はさんでいて、
うちの伴奏くんは、もう10年以上使っていてボロボロになってて
時には、フロッピーを読み込んでくれなかったり、動かなくなったり
いつ壊れてもおかしくない状態でした。
フロッピーデータもいつ壊れるかとハラハラしてたので心待ちにしていました。

だから、新しい伴奏くんが出たと知って、まだ展示されてないんですかーと
言っていたので、先日備品としてですが、一台入りましたってわざわざお電話を頂いて、
見に行くことにしました。

まぁ見に行く=買うってことになったわけです。

値段交渉で、今買わないとしょうがないかなぁっていう駆け引き上(笑

いつ入るかわかんないけど、とりあえずこれでいつ壊れるか
わからない不安におびえずに済みそうです。

生徒が大きくなると、サポートのデータはいらなくなるんですが、
例えば、中学生くらいになると、ヒットソングとか弾きたくなりますよね。
そういうときに、音源があるとすごく楽しいわけです。
ポピュラーの曲を弾くときは、どうしてもビートに乗る練習が
必要だからすごくありがたいなって思います。
私も練習できるし(笑

私には、小さい子のレッスンには、やっぱりデータは必須です。
まだドとかレとかしか弾けない子には、ドだけの曲に
すごく豪華なオケの伴奏があったら、イメージがすごく膨らみます。
楽器って1人で弾くだけじゃなくて、こんな風にいろんな楽器と
合わせて弾いても楽しいんだなっていう経験ができることは
魅力だと思います。

今は、PCで音楽が作れたりする時代で、一番身近に扱いやすい
鍵盤楽器であるピアノが、どうしてもデジタルとは相反する部分があるために
こういったデジタルな方法を使ったレッスンというのが
浸透しにくい部分があると思います。ピアノの先生にしても同じで
どうしても抵抗を感じてしまうところもあるでしょう。

そういうのがなければないでレッスンは出来るし・・・っていってしまえば
それもごもっとなことだし(笑

ただ、あるとほんとに楽しいですよ。生徒の反応でわかります。
1人で弾くこと、他の楽器と合わせて弾くことって違うんだっていう
のを教えることができます。

全部の生徒に使うわけではないんですが、私はピアノ教室をはじめて間もなく
買ったんですが、当時の生徒数から言って、すごく大きな投資でした。
実際私が伴奏くんを使ってみてこの10数年、おつりがくるほど使い込んだので
ピアノ教室を開くにあたってミュージックプレーヤは標準装備しておくのは
おすすめです。

※新製品のため、なかなか割引してくれません(涙)仕入れ値が高いのもあるみたいです。
  もっと安ければ売れるのにねぇ(笑

※追記です。なんとAmazonにあった・・・!!ネットから買ったほうが安いかも
  しれませんねぇ。
ヤマハ ヤマハ ミュージックデータプレーヤー MDP-30”伴奏くんII” MDP-30ヤマハ ヤマハ ミュージックデータプレーヤー MDP-30”伴奏くんII” MDP-30
()
不明

商品詳細を見る

 
※さらにここから追記・・・・

《MIDIデータを買えるところ》

楽譜に直接フロッピーが付いているのもありますが、これは今後
減っていくのではないかと思います。たぶん、徐々にUSBFlashメモリーに
移行されるのではないかなーと。

⇒店頭で買うには

楽譜についているのもあれば、CDのように対応MIDIデータという形で
個別に売っていたりします。たとえば・・・

☆バーナム

☆ピアノランド

☆ハノン 指の筋トレ

☆オリズムピック

など。

そして、ヤマハ特約楽器店に設置してあるMUMA(ミューマ)から買えます。
ATMみたいなやつでタッチパネルで選んで買います。フロッピー、フラッシュメモリどちらでも
買えるものもあります。

→MUMAを見てみる

MUMAには、バイエル、オルガン・ピアノの本、バスティン、などの教則本対応の
データが買えるほかに、月刊ピアノの楽譜対応のデータも買えます。

使い方、データの探し方はお店のスタッフに聞いてみましょう♪

⇒ネットから買う

☆音楽データショップ

一曲ずつ買えるのが魅力ですね。自分が持ってる再生する機材、楽器を
選んで曲を探せるのもいいです。


昔は少なかったんですが、今は本当に増えました。
この記事のために調べてみてびっくりです。

・・・追記ここまで

スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2012-12-17│21:54 |
  • [edit]

Post a comment

Secret

Pagetop


本サイトはこちらです☆

☆Piano Life~ピアノ教室を開こう~

marble

Author:marble
プロフィール

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

☆リンクしていただけるブロガーさん募集中です☆

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

twitter

フォローお待ちしています。

Amazonで今すぐ検索

欲しい楽譜・CDはこちらで☆

最近のトラックバック

ご訪問ありがとう

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。