• 201707 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 201709

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

  • 2009-06-05│
  • Category:雑記

リトミックを体験してみました

体験したのは一ヶ月以上も前です。

その後、体調を崩してしまったので、こういうまじめなことを書く
気力がなくて今になってしまいました。

ですが、タイトルにあるとおりあくまで「体験」したので
一度の経験だけで、リトミックをすべてわかるわけもなく、
同時にすごく深い世界なんだと感じたのもあって
充実した記事には到底なりそうもないので

「一般人marble、リトミックをやってみる」

くらいの気分で読んでいただければありがたいです。

昔、お世話になった先生からお手紙をいただき、
リトミック講座のご案内をいただきました。

当初は聴講という形だったのですが、受講募集を広くしなかった
のもあって、お子さんの人数がそろわず、私たちも一緒に
体験するという形になりました。

でも、
『リトミックを理解するためには、自分がまず体験することが大切』
という大前提があって、その点ではよかったと思います。

2、3歳児(親子)のリトミック
幼児役になってリトミック

というのを体験しました。

使ったテキストはなく、講座をしてくださった先生がすべて準備した
もので行ったので、詳しく書くことは困難です。すみません。。

先生が用意してきたグッズは、タンバリン、シフォンのスカーフ多数、
宝の地図、絵本、ごほうびようのおもちゃなど。

先生は歩く速さ、走る速さ、嵐のようなシーン、
などを織り交ぜた曲を弾きつつストーリーを話しながら
曲の途中で動きを指示します。

私たちはそのストーリーを頭の中でイメージしながら、
先生の指示通りに体で表現していきます。

まず、率直な感想。

「疲れる(o_ _)o」



かなり息が切れました(笑
慣れないと筋肉痛になることもあるそうで。。

3分~5分くらいは走ったり歩いたり、止まったり、を繰り返しましたが、
3歳くらいの子が飽きたりしないんだろうかって思ってましたが
参加したお子さんを見ると、ちゃんとやっていました。
音をよく聞いていないと動作できないので、
ピアノが鳴り続けている間は集中し続けられるのかもしれません。

テンポの変わり目や、音がとまったときを「感じる」ことが大切で
それをこうして動作をつけながら身につけていきます。

とまぁ、これは一番最初の導入部分で、もっとたくさんやった
のですが書ききれません。

先生は、プランを書いた用紙を見せてくださいました。
実施項目、ねらい、使用するリズム例などをびっしりと。

大学の音楽教室でソルフェージュのクラスを持っているそうで
その中のいくつかを紹介していただきました。

興味深かったのは、ソルフェージュの部分でした。
ダルクローズ・ソルフェージュを紹介していました。

自分の中で「ド」の音を記憶する、トーナメモリーというのを
やりました。
スケールを1~7で歌う。ド→1、レ→2というように。
そして、3、4間と、7、1間は半音なので、その意識で歌う。

まず、ハ長調のスケールをハ長調のハーモニーに合わせて、
1~2~3~・・・1~♪と歌う。
これはまぁ大丈夫。
で、次はヘ長調。
ドの記憶なので、ヘ長調ならドは5音にあるから、
ヘ長調のハーモニーに合わせて、5~6~7~・・・5~♪と
ドの音から歌うのです。
次は変ロで、ドが2音にあるから、2~3~・・・というふうに。
けっこう難しいです。

この説明で意味が伝わるかわかりませんが、
恥ずかしながらこんな経験をしたことがなかったので、
脳にびりびりときました(笑

でも自分が思ってた以上にドの記憶がついてるのがわかりました。
自分もピアノ講師の端くれだったと再確認(笑
実際に、歌ってみることで「半音」という感覚を体験して、
意識することができたのがよかったです。

そういうところから、和声を学び、充分にリトミック、ソルフェージュを
経験して即興演奏へとつながっていくのだそうです。

ちなみに、その日先生が弾いたのはすべて先生の自作の曲です。
当然譜面もなかったし、さっきのレッスンプラン表の作成などから
相当の準備が必要と思い知らされます。

そして、自分の声がNHKの歌のお姉さんみたいな声だったらなぁとも
思いました(笑

これを、実際のレッスンにどう生かすか?と考えると
まだまだ自分にとっては現実的な話ではないですが・・・。

でも、まずは「知る」ことって大事だと思います。
自力でやるのなら、何を学んでもらいたくてやるのか、
ということを明確にして、1年分くらいのプランがないと
続かないかもしれない。
そうすると、リトミック研究センターで指導資格を取得するための
勉強をするしかないかなと考えたり。

↑の講座受講資格は、年齢、性別、学歴不問なので
ピアノ教育に携わらない人でも、勉強できるみたいですね。
なら、そういう人のピアノ担当になるとかかなとか。

いろいろ考えさせられた1日でした。

なんにせよ、リトミックを教えられる人っていうのはすごい人です。


リトミック研究センター

日本ジャック=ダルクローズ協会




音楽ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽教室・音楽学習




スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

リトミック
体験してきたんですね!
私も、今日、リトミックサークルの相方の先生と、リトミックの打ち合わせをしました~。
リトミックも、本当に奥が深いジャンルです。
40分の指導案を考えるのに、3時間かかるとかザラで・・。
ピアノ演奏の仕方も、子供達に合わせるのが基本だから、そうなると、既成譜では対応できないので、即興演奏になるんです。
私も、どこかでまたリトミックの講座受けたいなぁと思っています。

リト研の資格、私も持ってますが、確かに資格を取るのは1つの目標になるし、資格を持っていると保護者の方にも信頼されるみたいです(^^)
  • 2009-06-05│20:48 |
  • You♪ URL│
  • [edit]
してきました☆
You♪さん

こんばんは^^
行ってきました~。なんてエネルギーのいることなんでしょう(笑

>40分の指導案を考えるのに、3時間かかるとかザラで・・。

そうでしょうねぇ~!!今ならほんとに納得です。
PCの前で大きくうなづいてしまいました(笑
ピアノ演奏も、魅力のある音とストーリー性を出すような演奏が
必要ですもんね。即興演奏は必須だなぁと思いました。

ピアノレッスンの考え方も変わるくらいでした。
そのくらい奥深いなと思いました。
You♪さんのことをますます尊敬した次第です(´ー`*)・:*:・

資格を持ってるくらいじゃないと、リトミック教室は名乗れないな・・と
思いました!(笑

でも、You♪さんとお知り合いになれたおかげで
リトミック講座を受講する気になったので、感謝しています♪
いい勉強させていただきました^^

  • 2009-06-05│21:44 |
  • marble URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret

Pagetop


本サイトはこちらです☆

☆Piano Life~ピアノ教室を開こう~

marble

Author:marble
プロフィール

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

☆リンクしていただけるブロガーさん募集中です☆

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

twitter

フォローお待ちしています。

Amazonで今すぐ検索

欲しい楽譜・CDはこちらで☆

最近のトラックバック

ご訪問ありがとう

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。