• 200801 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 200802

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

  • 2008-05-25│
  • Category:雑記

ヤマハ演奏グレード5級

正しくは

「ヤマハ音楽能力検定制度」

というのですが、学習者のためのグレードが6級までで
指導者を目指すためのグレードが5級~3級となります。

自分がピアノ講師となるためのレベルにあるかどうか?というものを
客観的に知るための一つの目安としては
こういったグレードを受験してみるのもいいと思います。

サイトのほうで、「ヤマハグレードについて」というコンテンツを追加しました。

が、私が自身が5級を取得してからだいぶ時間が経っていて
このコンテンツを書くために必死で思い出してます^^;

ただ、苦労したし、なかなか受からない状態にはまったら
いつまでたっても試験曲ばかりを弾く日々になっちゃうなぁと、
必死でやってた記憶があります。

私が受験した当時は、追試というのがなくて
不合格なら、次回すべて科目を受け直しをしないといけませんでした。

今は、追試制度ができたということは、
やっぱり相変わらず、5級の壁は高いのかな・・・ということをうかがわせます。

今目指してる方、これから目指そうという方に、
私の経験でしか言うことしかできませんが、
少しでもアドバイスとなればいいなぁと思っています。

よく使ってたテキスト引っ張り出してきて、思い出しながら
書こうと思っていますので、お待ちください。

さて、演奏グレードの試験内容は・・・↓

1. 即興演奏
 (a)変奏
 (b)モティーフ即興
 (課題は(a)(b)合わせて10分間の予見あり)

2. 初見演奏 (20秒程度の予見あり)

3. 楽曲演奏
  課題曲  2曲
  自由曲  3曲
 (試験室で演奏する曲目はすべて試験官から指示される)


これまで、和声進行的なものをまったくやってない人にとっては
改めて勉強しないといけない部分があります。

詳しくは、ヤマハ音楽能力検定(グレード5・4・3級)要項2008を見て、
即興演奏とはどんなことをするのか?を見てみましょう。

そして、ヤマハのセンターの方で、グレード講座というのが開講されています。
グレードの試験官の先生によるグレード対策講座です。
こういう場でしっかり勉強して、試験対策を立ててみたらよいのでは
ないかなーと思います。

私の先生が、グレードの試験官をされているので、
この講座を紹介していただきました。
即興は、グレード講座で勉強し、曲は先生の個人レッスンで
見ていただいていた感じです。

グレード講座に出さえれば、試験に通用する自分になれるというわけじゃないです。
受講したみんなが一斉に○月に試験を受けることを目指すという
講座でもないです。
あくまでも、こういった試験問題に対して、こういうことができれば合格、
こういう問題では、こういうことができると望ましいということを学びます。
もちろん、伴奏付けのトレーニングや、課題なんかも出されます。
みんなの前で弾かされたりもばんばんやります。

数ヶ月の講座を終了すると、あとはご自分で頑張って大丈夫!と
思ったら受けてくださいって感じなので、試験を受けるタイミングは
自分で決めないといけないです。

でも、現役の試験官の講座を受けることは、合格ポイントを
理解するうえでも、受験勉強のしかたにズレが生じなくて
いいと思います。

私は、グループレッスンの講座を、2度受けました。
一度目受講して、その数ヵ月後初めて受験して不合格。

その後、開講された講座をまた受けて、今度は満を持して再度受験で
めでたく合格。

一度目に落ちたときのショックは私よりも家族の方が激しかったので
(大学落ちたときのトラウマかな・笑)
家族からのプレッシャーを避けるためにも、
2度目は家族に内緒で受けに行きました(笑

かれこれ10年はたったかな。

大変だったけど、5級受かったよかったーというより、
5級の勉強で学んだことが私には大きかったので、
今の自分の音楽にすごく役に立っているし、自分の可能性を広げた
経験だったなーと今振り返って思います^^

これからめざすみなさん、がんばってくださいね☆


いつも私の長い記事(汗)、読んでいただいて本当にありがとうございます<(_ _)>





スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

参考になりました
 marbleさん こんばんは。
グレードのことを調べようと、ネットで検索かけたら、こちらにたどり着きました。

私はグレードを持っていません。何故、忘れかけていたグレードに再び 興味を持ったかと言うと・・・
 実は、某所のヤマハで「クラシックピアノ講師 急募」というお知らが出ていたので、応募資格を見たら、「ピアノ演奏グレード5級取得以上」とありました。
 ヤマハで働く気はさらさらなかったのですが、それでも、いざという時にグレードを持っていると違うかもしれないな・・と改めて思いました。
 私の 教室の近くには、ヤマハの教室があるのですが、私の教室のチラシのプロフィールに「ヤマハのグレードO級取得」とあったら、「ヤマハと個人の教室とどっちにしようかな~?」と迷っている親御さんに対してアピールするものがあるかもしれないと思いましたね。
 同じく、英国王立音楽検定も受けようと思っていたことがあります。別に受けるのをやめた訳ではないのですが、他に勉強することが多くて、いつのまにか そのままになってしまっています。これは、世界中に通用すると、この音楽検定のセミナーで聞きました。こちらにも 惹かれていたのですが、
今回のことで、また、marbleさんのブログを読んで、
日本人で日本に住んでいるのだから、ヤマハのグレードも 
考慮に入れておいてもいいのではないか?と思いました。
課題曲を見ても、ルーティンワークを抑えておくのに、いいかも と思いましたし、marbleさんがご紹介されている参考資料も
買ってみようかしら・・と思いました。
 昔、大学時代に先生から、取得を勧められたのに、受講料にかかる金額と自分の実力を考えて、無理だな・・と やめてしまったことがあります。でも、この仕事での生き残りを考えたら、そんなこと言っていられないかな・・と思いました。
 大変参考になりました。ありがとうございました。
長文になりまして、すみません。m(__)m
それでは。ヾ(^▽^)ノ♪
 
  • 2009-03-14│21:09 |
  • みらい URL│
  • [edit]
>みらいさん

こんばんは^^
コメントありがとうございます♪

そーなんですか、応募資格に「ヤマハ演奏グレード5級以上」って
どどーんと書いてあるわけですね。

私もヤマハに入ろうとは思っていなかったけど、これ!って
名刺代わりになるかなとは思ったんですよね。
みらいさんの言うように、持っていると今後違いますよね。

私は、やっぱり「弾けるだけじゃだめなんだな」って思うきっかけになりました。
後にコードとか勉強するようになって、この経験がなかったら、
手をつけなかったかもしれないから受けてよかったと思います^^

それに、そうですよ!プロフィールに書いたら
いいんですよね。私、今気づきました(笑
ナイスアイディアです^^♪

>英国王立音楽検定も受けようと思っていたことがあります。

そうそう、これです!サイトに世界で通用するグレードもある、
みたいなことも書いたんですけど名前を失念しちゃって^^;

こういうグレードって、演奏力だけでなく、総合的な力を試されるから
勉強することが多いんですよね。時間もお金もかかるし…。

時期を決めて集中してやれば、効率よく取得できると思います。
何事も「やろう!」って思ったときが、はじめるタイミングだなぁって思います^^

またいつでもコメントしてください☆









  • 2009-03-14│22:29 |
  • marble URL│
  • [edit]
はじめまして
記事を読ませて
いただきました(・∀・)

私も今から
グレード5級を目指して
音楽教室に通おうと
思っているのですが、

分からないことだらけで
いろいろ教えていただきたいと思い、コメントさせていただきました。

グレード5級を取得するのは音楽学校を卒業していないと難しいのでしょうか?

今20歳なのですが、7年のブランクを経て再び1から始めようと思っています。

もしよろしかったら
いろいろお話を聞かせて下さい。
  • 2009-07-23│20:20 |
  • rina URL│
  • [edit]
No title
>rinaさん

はじめまして^^コメントありがとうございます。

rinaさんが、「ヤマハのグレード5級取得を目指す」ということを
前提に考えると、どこで学ぶかの選択肢はいろいろあると思います。

音楽教室をお探しということですが、私が今思いつくことを書かせて
いただきますね^^

○個人の先生でグレード受験のための指導をしている先生のレッスンにつく
○またはヤマハの方で、そういった指導をしてくれる先生を紹介してもうらう
○上二つでレッスンが決まったら、ヤマハのグレード対策講座も受講する
○ヤマハ以外の民間の音楽学校?というのでしょうか、音大受験対策や、
 グレード対策のレッスンコースがある教室に通う。

と、このくらいでしょうか。

>グレード5級を取得するのは音楽学校を卒業していないと難しいのでしょうか?

記事にありますように、即興のほかに、曲の演奏も試験科目に
あるので、そのレベルまで弾きこなせるような演奏力を磨かなければ
いけませんが、音楽学校を出ていなくても演奏力が5級のレベルに
達していれば合格できます。

そのレベルについてですが、これはこれからrinaさんが通うレッスンが
決まったら、
先生にご自分の今のレベルを判断していただき、どのくらいの勉強期間が
必要なのか、何を学ぶべきかなど、を相談して5級受験までのレッスンのプランを
決めるといいのではないでしょうか^^

まずは、教室or先生探しが大事かと思われますが、
rinaさんの嗅覚を研ぎ澄ませて、いい先生とめぐり合って
グレード受験のための万全な環境が整うように祈っております^^














  • 2009-07-24│00:16 |
  • marble URL│
  • [edit]
お返事ありがとうございます☆

大変分かりやすいご説明で
すごく為になりました^ω^


今月からYAMAHAに
通うことになり、講師の方も決まりました。

その講師の方に

今から5級取得は可能か
と聞くと、

音大を出ていないと厳しい
と言われ、

とりあえずは6、7級を目指してレッスンを受けてみないかと言われました。

5級取得は無理だと言われてしまうと、6、7級のためにYAMAHAに通う意味はあるのかと考えてしまいます(;ω;)

私の努力次第で
なんとか取得できないものでしょうか;


YAMAHAの講師というよりは、
どこか楽器店でのピアノ講師になることを希望しているのですが、そのようなところに就職するためには、やはり5級は必要になるのでしょうか?;

いろいろサイトを調べてみても
書いてある内容が様々で
いまいち理解できません´`


多々質問してすみません;

お時間があるときでいいので、
是非いろいろ参考にさせてください(;_;)
  • 2009-07-24│18:15 |
  • rina URL│
  • [edit]
すいません;

↓rinaでした(>_<)
  • 2009-07-24│18:17 |
  • rina URL│
  • [edit]
No title
>rinaさん

こんにちは!

なるほどなるほど。
rinaさんの書き込みから判断するに、いきなり5級はまだ
難しいと先生はお考えになったのかもしれませんね。

まずは6,7級を目指してというアドバイス、私はいいと思います。
なぜなら、確かに6級と5級はかなりレベルの差がありますが、
即興に関しては、5級の即興は6級の即興を発展させているものなので、
ヤマハの5級を目指すとすれば、7,6級でまず即興とはどんなもんか
というのを体験してみることはいいことだなと思いますよ。
6級まではAコース、Bコースあるので、ゆくゆくは5級を目指すなら
Bコースで受験が必須です^^

将来的に、楽器店の音楽講師を目指すのなら、
rinaさんが音大出た出ないに関わらず、採用試験にパスするくらいのレベル
に達していればいいのだと思います。
そして、演奏だけじゃなくて、楽典の知識、コードの知識、などの勉強も必要ですね。

ヤマハの先生が音大を出ていないと難しいというのは、演奏のレベル
に関してなんでしょうかね(推測なので間違っていたらごめんなさい)

まだお若いので、rinaさんの頑張り次第なのではないかと思います。
具体的なレベルで言うと、チェルニー40~50番、バッハインヴェンション~シンフォニア、
ソナタレベルまで弾けるのであれば、5級は無理だとは誰も言わないと思し、
他の楽器店の実技もいけるんではないかと思います。
(ここまで弾ければもうやらなくていい、というのではなく、ここからも引き続き
 上を目指していかなければなりません)

それには、趣味で習うという意味合いではなくて、先生についてしっかり
レッスンしていただく、音大に行かない分、練習も鬼のようにがんばる(笑)
みたいな心構えが大事ですよね^^

ヤマハの音楽教室だと、採用試験に合格すれば、教室の講師に
なれるのだと思いますが、講師になってから5級のグレードはとるように
言われると聞いたことがあります。実際、ヤマハの先生だけど、
グレード講座に来ていた先生はたくさんいました。
ちなみに、システム講師の試験内容です↓
http://www.yamaha-mf.or.jp/t-audition/sys/guide/content/
あれですね、5級もっていれば免除の科目が多くなる感じですね。

こちらは島村楽器。実技試験について↓
http://www.shimamura.co.jp/corporate/work/recruit/faq.html#02

楽器店によって、その楽器店のグレードを目安にするところがあったり、
グレードのシステムがないようなところでは、
演奏レベルがこのくらい、と明記してると思うので、そういうのを参考に
するといいと思います。
どの楽器店を受けるにしても、ちゃんと先生に曲を見ていただいて
臨むというのが必須かなと思います。

私が楽器店の採用試験を受けたことがないので、うまくアドバイスできているか
どうかわかりませんが(汗
rinaさんがまずはどこから始めたらよいのか、見つかればいいなと思います^^
  • 2009-07-24│19:43 |
  • marble URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret

Pagetop


本サイトはこちらです☆

☆Piano Life~ピアノ教室を開こう~

marble

Author:marble
プロフィール

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

☆リンクしていただけるブロガーさん募集中です☆

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

twitter

フォローお待ちしています。

Amazonで今すぐ検索

欲しい楽譜・CDはこちらで☆

最近のトラックバック

ご訪問ありがとう

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。